読み物♪保湿力アップ テクニック特集

乾燥させるお湯洗顔の罠

脱「過保護」は正解!だけど・・・

最近のスキンケアは「肌断食」など過剰に甘やかさない脱「過保護」がブームです。必要な皮脂を残す為の水を使わない洗顔クリームも登場しましたし、洗顔フォームを使わない「お湯洗顔」も口コミで話題です。確かに洗顔フォームは低刺激タイプでも肌に負担になりますから、敏感肌や乾燥肌にはダメージの原因になる恐れがあります。そこで皮脂を溶かしやすいお湯で洗顔を始める方が増え始めたわけですが、かなりの乾燥トラブルを抱えているなら、いきなりお湯洗顔に飛びつかない方が賢明です。

天然の美容液も汚れればただの垢

ニキビの原因や毛穴の汚れなど、皮脂にはきっちり洗浄すべきトラブルの原因というイメージがあります。けれど皮脂は天然の美容液ですから、不足すれば皮膚がバリア機能を失った結果、シワや乾燥を引き起こします。そこでお湯だけで汚れを落として皮脂を残そう、という美容法が広まったわけですが、お湯洗顔にトライしている多くの方が逆に乾燥トラブルを悪化させてしまっています。あるいは、大人ニキビなど新たなトラブルが発生することも。皮膚の汚れ具合は、日中の行動や就寝中の発汗量、体調などによって、1日1日違います。あまり汗をかかずに室内で過ごした日ならお湯洗顔でも充分かも知れませんが、天然の美容液も汚れればただの垢です。きちんと洗わないことでターンオーバーを食い止めるような事態に陥らないよう注意して下さい。

適温は32℃!

特にお湯洗顔を意識していなくても、夜のバスタイム中に洗顔する方も要注意です。身体にかけて心地良いぐらい熱めのお湯で顔を洗っていませんか? ぬるま湯で洗うと皮脂が溶けやすくなるのは確かですが、ぬるま湯とは「あったかいお湯」ではなく、「やや温かい水」のことで、洗顔の適温は32℃です。32℃以上のお湯で洗ってしまうと、洗顔フォームの使用に関わらず必要な皮脂まで流されてしまいますし、肌への負担も大きくなります。保湿効果どころか乾燥トラブルが進行しますから、洗顔に使う「お湯」の温度には敏感になりましょう。

当サイト イチ押し!コラーゲンを超える保湿力の化粧水

グラスオール
グラスオール
商品名 GRACEOR(グラスオール) トライアルセット
お試しセット価格 1,890円(税込・送料無料)
お試しセット内容 クレンジング・美容液・ローション状美容液・ソープ・クリーム *1週間分
その他特典 泡立てネット付き+初回優待券500円割引券
もっと詳しく
このページの先頭へ

保湿化粧品 お試しセット一覧

おすすめランキング 保湿化粧水

おすすめランキング 保湿ファンデーション

おすすめランキング 保湿クレンジング

パック

おすすめランキング コラーゲンサプリ&ドリンク

コラム